再開発ラッシュがきそう

シェアする
ツイート Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加





秋葉原の景観が大きく変わる?「東京角田ビル」など解体はじまる




ソフマップPC総合館やとらのあなCなどのテナントが営業していた秋葉原中央通りの「東京角田ビル」(および角田本館ビル)や、Mac Collection跡地の「ニューカクタビル」、さらに同じ区画に建つ複数の建物の解体工事が7月12日より開始に。

解体工事は同エリアの再開発に伴うもので、入居していたテナントは一斉に閉店や移転・統合などを余儀なくされていた。いずれも解体の工期は「2022年2月28日まで」とのこと。

再開発とあって跡地に新たな大型ビルが建設されることなどが予想されるが、現在の見慣れた景観も約8ヶ月をかけて見納めということになる。

なお、同区画で現ソフマップAKIBAパソコン・デジタル館の入るIMYビルや、旧リナックスカフェ跡地の秋葉原Tmoビル、麺屋武一など入る松井ビル、麺屋はるかなど入る田中無線電機ビルは今回の解体には該当していない(今後の動向は不明)。


今月より解体工事が始まった
「東京角田ビル」「ニューカクタビル」
20210621-157

20210615-079

20210621-158


kiji_icon「 前も書いた気がするけど東京角田ビル、前回の東京五輪くらいの頃には建て始めてウルトラマン放映と同じ年の1966年に竣工したのウオッてなるよね 」




「解体工事のお知らせ」
工期は2022年2月28日まで
20210615-075



kiji_icon「 次のビル建つまでまあまあ長そうだけどラジオ会館が新しくなるのも気がついたらあっちゅー間だったわ 」




角田ビル裏側に位置する複数の建物も解体
(同区画の東京角田関連ビルが対象)
20210615-046

20210615-053

20210615-044



kiji_icon「 再開発のどさくさに紛れて新生リナックスカフェとかできたりしませんか?? 」









■関連リンク
カクタ ソフマップ開店、パーツ激戦区への影響必至
秋葉原にあったカクタ(角田無線) | PBX5 Bldg.

■関連記事
ソフマップPC総合館、とらのあなCが入る秋葉原「東京角田ビル」が建て替えへ


この記事をリツイートする

このサイトの読者になる

更新情報


なかのものツイッター



ツイート
Facebook