引き継ぎ後も飲食店継続?

シェアする
ツイート Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加





様々なコラボもあった秋葉原「カフェユーロ」閉店




秋葉原の通称ジャンク通りとされる場所で営業を続けてきた「cafe EURO(カフェユーロ)」が9月29日をもって閉店する。

「黒毛和牛100%バーガー」やイタリアンジェラート、クレープ、ソフトクリームなどを売りにしてきた同店は2007年7月オープン。

今年1月に閉店のアナウンスをしていたものの、買収予定だったオーナー(「ケバブ&トルコ料理店主」と説明)がキャンセルしたため営業を継続。このたび売却先が決まったため9月の閉店が決定したという。


29日に閉店する「cafe EURO」
085

087



「14年間のご愛顧ありがとうございました」
078



kiji_icon「 ついにカフェユーロも閉店か~~~営業権を売却ってことだけど次も無難に飲食系が入んのかな 」




コロナ禍が始まってからは「三密対策」を強調
081




手書きイラストのクレープアピール
082




店頭に並ぶ食品サンプル
改装後はバーガー推しに
083

084

079

080



kiji_icon「 カフェユーロ、アスキーとコラボったり色々やってたけど個人的には閃乱カグラでまあまあぶっ飛んだコラボメニューを出してた時が一番輝いて見えましたね 」






~おまけ豆知識~

カフェユーロの運営元はアーケードゲーム基板の「トライ」。

もともとトライが1階で営業していたところ、同ビル2階に移転して1階にカフェユーロをオープンさせている。









■関連リンク
HOME - CAFE EUROアーカイブ

■関連記事
『閃乱カグラ Burst』と秋葉原カフェユーロがコラボ


この記事をリツイートする

このサイトの読者になる

更新情報


なかのものツイッター



ツイート
Facebook